house

違いを知ろう

分譲一戸建てと分譲マンションの比較

住宅を購入するとなった場合、分譲一戸建てにするか分譲マンションにするか迷う人も多いと思います。 それはどちらもメリットやデメリットをがあるからです。もちろんそこに住む人にとってそれぞれの条件がメリットになるかデメリットになるかが変わってきます。 例えば、静寂性です。静寂性を求めるのであれば一戸建て住宅がいいという意見が多いのです。マンションの場合壁を挟んですぐ隣の家ですし、1階や角部屋でない限りは上下左右誰かしら住んでいるのでどうしても生活音を気にしてしまいます。 防犯性についてはどうでしょうか。防犯性はマンションのほうが優れていると言われています。何故なら管理人が常備しているからです。最近は24時間管理人がいるマンションもあるのですから。

金銭面についてのメリットは

金銭面についてはそれぞれ一戸建てとマンションで分かれます。 例えば、頭金について言えばどちらも大して変わらないという印象があります。 修繕積立金や駐車場代がかかる点は、マンションのほうが一戸建て住宅よりも不利になるところです。 一方、外壁塗装や屋根塗装については一戸建てのほうがお金がかかります。修理の面で見るとマンションは積立ているのに対して、一戸建ては自分たちで積み立てておかなければならないのです。これはお金をすぐに使ってしまう人(家庭)は、一戸建てには向かないのかもしれません。 資産性については、どっちもどっちですが、一戸建てには土地がある分マンションよりは資産として残りやすいと言えます。ただ、地価もそれほど上昇していないことからそこまでの大きな違いはなさそうです。

Copyright© 2015 自分に合った住宅づくりの選択|良い家チョイス All Rights Reserved.